TUYU – I’m getting on the bus to the other world, see ya! Lyrics

Tsuyu – Ano yo Iki no Bus ni Notte Saraba Lyrics

TUYU – I’m getting on the bus to the other world, see ya! Lyrics

Romaji:

Anoyo-iki no basu ni notte saraba.

Osanai koro ayameta inochi wa kazoe kirezu
Chiisana inochi o houmutte wa heizento waratte kiro ni tsuita
Ima ni natte kangaetara massaki ni shinu no wa watashide yokatta

Uraura to shita mawari no kuuki ga kokute
Sonzai kachi o ubaudesho

Seimei-sen toka muda ni nagai dake de
Nani no yaku ni mo tatanai tada no shiwada yo
Kokoro no oku ga shoumonai jinseikan o nageite iru no
Mimi ni sasaru risou haki sutete

Kiete shimaitai shougai nante mon ni don’na atai ga tsui te
Jiko chuushin-teki datte? Omoi no kakera mo shiranai de
Doose mukou suu juu-nen tatta sakide wa kemutagarete
Nara watashi o sashite koroshite ubatte satte

Anoyo-iki no basu ni notte saraba.

Osanai koro baka ni sa reta koto mo wasure kirezu
Mi ni oboe no nai rifujin-sa ga atama kara hanarete kurenai nda
Ima ni natte kangaetara naze nomikonda no ka
Hamukaeba yokatta

Moyamoya to shita hitogomi no naka o hatte
Sonzai kachi o shimesu no yo

Koufuku-ron toka muda ni fukai dake de
Nani no yaku ni mo tatanai tada no mojida yo
Asai kokoro ga pattoshinai shousou-kan ni kara rete iru no
Toki dake ga tatte modorenai na

Kiete shimaitai shougai nante mon ni don’na me ga haete
Mendoukusai yatsu datte? Omae no koe toka iranai wa
Doose mukou suu juu-nen tatta saki made mochikosu dake
Nara watashi o sashite koroshite ubatte satte

Kiete shimaitai shougai nante mon ni imi wa aru ndesu ka.

Kiete shimaitai shougai nante mon ni yume wa aru ndesu ka.

Naijan.

Kiete shimaitai shougai nante mon ni don’na atai ga tsui te
Tsurai yo ne wakaru yo datte? Wakatta youna koto iwanaide
Doose mukou suu juu-nen tatta saki demo nageite ite
Nara watashi o sashite koroshite ubatte satte

Sore ga watashi ni dekiru saisho de saigo no waruagakida

Anoyo-iki no basu ni notte saraba.

Demo watashi wa kuite sakende ame ga futte

Kanji:

あの世行きのバスに乗ってさらば。

幼い頃 殺めた命は数えきれず
小さな命を葬っては平然と笑って帰路についた
今になって考えたら真っ先に死ぬのは私でよかった

うらうらとした周りの空気が濃くて
存在価値を奪うでしょ

生命線とか無駄に長いだけで
何の役にも立たないただのしわだよ
心の奥がしょうもない人生観を嘆いているの
耳に刺さる理想 吐き捨てて

消えてしまいたい生涯なんてもんにどんな値が付いて
自己中心的だって?思いの欠片も知らないで
どうせ向こう数十年経った先では煙たがれて
なら私を刺して殺して奪って去って

あの世行きのバスに乗ってさらば。

幼い頃 馬鹿にされたことも忘れきれず
身に覚えのない理不尽さが頭から離れてくれないんだ
今になって考えたら何故飲み込んだのか
歯向かえばよかった

もやもやとした人混みの中を這って
存在価値を示すのよ

幸福論とか無駄に深いだけで
何の役にも立たないただの文字だよ
浅い心がパッとしない焦燥感に駆られているの
時だけが経って戻れないな

消えてしまいたい生涯なんてもんにどんな芽が生えて
面倒くさい奴だって?お前の声とか要らないわ
どうせ向こう数十年経った先まで持ち越すだけ
なら私を刺して殺して奪って去って

消えてしまいたい生涯なんてもんに意味はあるんですか。

消えてしまいたい生涯なんてもんに夢はあるんですか。

無いじゃん。

消えてしまいたい生涯なんてもんにどんな値が付いて
辛いよね分かるよだって?分かったようなこと言わないで
どうせ向こう数十年経った先でも嘆いていて
なら私を刺して殺して奪って去って

それが私に出来る最初で最後の悪あがきだ

あの世行きのバスに乗ってさらば。

でも私は悔いて叫んで雨が降って

source: miraikyun

Leave a Reply

Your email address will not be published.

four × 3 =